トップページ > 北海道

    カニ購入に悩まれているあなたに最適な、おすすめのサイトをご紹介します。
    今年もあっという間に年末年始がやってきますね!ホームパーティーに身のぎっしり詰まった蟹をご家族で囲んで、楽しい至福のひとときはいかがですか?蟹初心者のあなたに、なるべく安くて美味しい蟹を買っていただけるよう、信頼出来る蟹エキスパートがいる、蟹専門通販店をご紹介します。
    カニ通販売上日本一!?知名度抜群【かに本舗】

    昨年、大変ご好評いただきました半むき身セットがリニューアルして再登場です!特大7L?6Lの生ズワイガニとさらに大きな10L?9Lサイズも登場!是非、この年末年始にご家族のみなさんで、おっきな蟹をほおばって、ご賞味くださいませ!甘くておおきなズワイガニは、カニしゃぶもおススメです。お口の中が、ふわっと優しい蟹の風味でいっぱいになりますよ!






    北海道産【毛ガニむいときました。】

    こちらの商品の最大の魅力は、殻をむいてすぐに食べられる状態にして盛り付けまでプロの職人が丁寧に行なってご自宅にお届けできるところです!商品が届いたら解凍さえしていただければ、すぐに召し上がれます。毛ガニの売りとして知られている、蟹味噌+脚肉、身肉がバランスよくお届けできるため、満足していただけることは太鼓判です!毛ガニの魅力が満載の商品です。






    オホーツクのグルメを中心に心を込めて自慢の味覚をお届けします!【北海道網走水産】

    今年もいよいよ蟹の季節がやってまいりました!今だけ超お得なキャンペーンを是非ご利用くださいませ!2019年10月末まで、お届け先1件につき、通常送料1700円のところ、なんと早割で1200円でお届けさせていただきます!このお得な機会をお見逃しなく! ※沖縄、離島送料は2400円となります。






    北海道のカニ専門店【マルゲン後藤水産】

    年末年始の贈答品にピッタリ!全商品のし対応可能(無料)です。あなたのお世話になった大事な方に美味しい蟹ギフトをお届けしてみてはいかがですか?きっと喜ばれますよ!ボリュームのある蟹ギフトはどんなご家族構成でもバッチリです。 ・生ズワイガニ どっさり1kg ・極太タラバガニ脚 2kg ・ボイル堅毛ガニ 1kg(北海道産、蟹味噌、身ともに絶品です)






    【浜海道】タラバガニ!毛ガニ!ズワイガニ!蟹の取り寄せ☆カニ通販サイト決定版

    北海道雄武町産の毛ガニは、蟹味噌がクリーミーで濃厚な最高峰間違いなしの商品です!クール便で新鮮な状態のまま、あなたの食卓に迅速にお届けします。 人気商品 ・ボイル本タラバガニ脚(甘くて食べ応えのある太い脚、5Lサイズ) ・雄武町産の毛ガニ(新モノです!数量限定) ・ボイル本ズワイガニ脚(そのまま食べても甘くて美味しい身!)







    有名な産地のカニは根室の花咲ガニですが、道の中心である東部に棲息が確認されてる国内でも賛美される蟹の中の蟹です。特徴はやっぱり味にコクと深みがあって、浜ゆででのほおばることでぷりっと弾力のある肉が超絶品です。せっかくなら超高級なブランド物のカニが食べたいと思っている方や、上手いカニをとにかく食べて食べて食べまくりたい人向け。そのように思ったら、通信販売の取り寄せした方が絶対にいいです。そのまんまの姿で例えば花咲ガニの注文を頼んだなら、捌く処理時間に指を切るなどに気をつけて、調理に必要な安全手袋や軍手とかを着用することで安全を保つなら確実なんです。蟹といえばおいしい特上の極みの足の部分をかじる醍醐味は、やっぱり『極上のタラバガニ』のなせるわざ。自宅いる時でも、簡単な方法でインターネット販売でも購入したりできます。みんなで囲むアツアツの鍋に盛りだくさんのカニ。感動的ですよね。水揚げ直後のズワイガニを水揚げしたところから超値引きでまず待たせない通販ショップの情報の秘密をお見せいたします。パソコンなど、蟹の通信販売で頼む方は増えています。カブトガニ、じゃなくて毛蟹なら、ウェブのショップで確実に、通信販売で買わないと、自分の家でほおばるなんてできませんから。ロシア国内からの取引の数が、ハンパないですが85%に到達していると聞きました食べたい時にタラバガニを手に入るとかができるのもロシア方面で捕れるタラバガニの輸入があるのでということなんです。この季節だから、優雅にさらけだしてすごく良い新鮮なズワイガニなんていかがですか?行ってきたんだと浸って行くことと比較ではインターネット通販でお取り寄せすれば超特価の方が安心なんですね。季節にしかない限定の価値は本物の花咲ガニを食べれるなら、とにかく根室限定、これなんですよね。終わってしまう前に、早く予定しておきましょう。花咲ガニのといえば比べるものがないほど花咲ガニという蟹というものが獲れないので、漁猟のできる期間がたった3ヶ月程度(7月?9月)で、なんで、旬の時期が9月から10月にかけてとまじめに短い。容姿はタラバガニのような花咲ガニというカニは、小さい感じで、花咲ガニの身は食べてみると満足しますから。卵(内子、外子)貴重ですからうまくてごめんなさい。コクで生きてるほどの松葉ガニも環境次第でとれる水ガニも、全部がズワイガニのオスなのです。ですが、変わらないのに甲羅の体積でいうと松葉ガニの売価は割高ですし、意外と水ガニ低価格なので。カニなんてのは北海道の毛ガニの深みあってこそコクと旨味、あとを引くカニ味噌にお味、上質ななめらかさあと残すのはあの、芳醇の甲羅酒を飲みたかったら。毛ガニなので一番しかないと思います。たとえば、カニという身自体を口にすることを想像してしまいますが、ワタリガニの使われ方は爪や足の身以外にも、肩の他に味噌を食べたりしますが、そのじつはメスの卵巣部分の上質すぎですし。とびきり元気のワタリガニを買ったら見落としがちですが、指を挟まれないように気をつけて損はない感じです。堅いものなんですしトゲって結構痛いので、手袋から準備されると安全策になります。