結婚を焦りはじめる30代|余裕を持って婚活することが大切

恋愛にはリスクあり

割れたハート

毎日会える安心は油断の元

社内恋愛から始まった男女関係は結婚まで辿りつきやすいとうメリットが存在する。しかしその反面デメリットもやはり存在するのだ。別れた場合は同じ会社内なので別れた次の日にでも元恋人に会わないといけなくなる。その辛さ、気まずさは想像を絶するものである。社内恋愛を別れの形で終わらせないためには先に注意点を明らかにするべきだ。プライベートと仕事の両面で生活を共に出来るということは通常のカップルから見るとかなり特殊なケースであると考えられる。恋人と一緒の時間が長いことが社内恋愛の特徴である。しかし、そこに意外な落とし穴が存在する。毎日会っているからと安心してはいけない。同じ会社でも出勤日が違う、休日が違うとなると仕事では一緒でもプライベートのデートの時間が減ることがある。会社はあくまで仕事を行う場であって肝心なのは仕事を離れたプライベートで二人の愛を育むことにある。会社で毎日会っている事に安心してプライベートをおざなりにし、気づけば二人の心の距離は離れていたりはしないだろうか。仕事場でも毎日恋人の姿が見れるとなれば、当然頑張る恋人の姿は見ておきたくなるのが人情である。いつも見ていられるからこそ起きる問題が嫉妬である。恋人が自分以外の異性と親しく話しをしているのを見ると嫉妬してしまうのもまた人情なのである。仕事の話をしていると割り切っていても嫉妬心はなかなか抑えられない。嫉妬が原因で別れるということもあるので社内恋愛をする前には嫉妬しすぎないこと、また必要以上に恋人を監視しないということを心がけるべきである。以上のことを心がけておけば社内恋愛を別れの形で終わらせることを回避する助けとなる。